株式会社ベルーナ

文字サイズ
現在表示しているページ
 HOME > CSR > 従業員とともに

従業員とともに

一人一人がやりがいを感じ成長できる職場

ベルーナグループは、従業員一人一人がその能力を十分発揮し、自己成長できるよう、明るい職場環境と自由闊達な企業風土づくりに努めています。

ガンバレーション制度
「頑張る」+「オペレーション」
社員のオペレーション(業務)品質・効率の向上と社員のモチベーションの向上を目的とした、表彰制度をベルーナグループ全社で導入しています。
一人一人が目標達成意欲、自己成長意欲を持って各自の仕事に取り組み
頑張った人をお互いに称賛・表彰することで部門活性化や、さらなるモラール(士気)向上に繋げています。

人材育成における考え方
現在、ベルーナでは「OJT」「研修」「自己啓発」の三位一体の人材育成策を推進しています。
現場での実務を通じた様々な「経験」を促進することを人材育成の柱としており、それと同時に「研修」「自己啓発」の各種施策・制度を拡充することによって、人材の育成・強化を図っています。

次期の経営幹部を育成する場として「社長塾」を開催しています。塾生は1年間を通して、経営に必要なスキルや考え方を学びます。外部講師を招いて知識を習得するだけでなく、創業者である社長の安野が創業からの経験や歴史、想いを語り、ベルーナの文化を継承する場とすることで、次の世代の育成に取り組んでいます。



社内公募制度

従業員皆様の自己実現やキャリアアップ、一人一人がやりがいを持って働く後押しをするとともに、キャリア開発の促進や人材の適材適所への配置、組織の活性化を図るべく、全従業員を対象とした「社内公募制度」を実施しています。
他にも『キャリア相談窓口』を設け、従業員皆様の自律的なキャリア形成の支援も行っております。

ガンバレーション表彰の画像です。ガンバレーション表彰式の様子

導入研修の画像です。導入研修の様子

社長塾の画像です。社長塾の様子

女性の活躍を応援

ベルーナグループでは、女性の活躍を応援しています。ベルーナグループでは、正社員からパート社員、アルバイト社員まで多くの女性社員が働いており、商品企画、カタログ制作、コールセンター、WEBサイト制作・運営など、幅広い分野で女性が活躍しています。パート社員で入社した方が部長職にまで昇格するなど、パート社員でも能力の高い方、やる気のある方は、積極的に正社員や管理職に登用しています。また、短時間勤務や勤務形態の変更など、それぞれのワークスタイルに合った働き方ができる体制を整えています。こういった取り組みが評価され、2013年には厚生労働省が実施する「均等・両立推進企業表彰」の均等推進企業部門にて、埼玉労働局長優良賞を受賞しました。さらに、2017年に埼玉県より「多様な働き方実践企業 プラチナ企業」の認定を受けました。ベルーナグループでは、今後も女性が活躍できる職場環境の整備と機会づくりに取り組んでまいります。

「多様な働き方実践企業 ゴールド企業」の認定を受けました。

健全な職場環境

ベルーナグループでは、従業員の守るべき規範として「役職員行動規範」を全従業員に配布し、携帯させています。
『役職員行動規範』の規定には「明るい職場環境」という項目を設けており、
(1)役職員がその能力を十分に発揮できるよう、お互いに相手を尊重するとともに、自由に意見を交え、開かれた明るい職場環境と自由闊達な企業風土を作る。
(2)公序良俗に反する行為により職場の健全な風紀、環境、秩序を乱さない。
としています。

また、パワハラ・セクハラ、不正処理などの違法行為や不正行為を早期に発見し、リスクを軽減させるために、2005年より「内部通報制度」を運用しています。社内の内部通報窓口のほか、社外窓口(顧問弁護士)を設けることで、通報者の匿名性を担保しています。今後も、明るく健全な職場環境づくりに努めてまいります。

内部通報ポスターの画像です。
内部通報ポスター

従業員の経営参画意識の向上

ベルーナグループでは、従業員の意見やアイデアを積極的に活用するため、 「改善提案制度」を運用しています。改善提案制度は、従業員がお客様満足度 向上や企業価値向上のために、創意工夫し、サービス改善や業務効率アップを 図るものです。従業員からの提案は、社内イントラ上に登録され、進捗や実績が 管理されています。また、他部門からも閲覧可能にすることで、提案内容の 横展開もしやすくなっています。各部門、各従業員が自ら改善活動を実施する ことで、従業員一人一人の経営参画意識を高めています。

改善提案の実施
改善提案の実施

ページの先頭へ戻る