株式会社ベルーナ

文字サイズ
現在表示しているページ
 HOME > 株主・投資家情報 > 個人投資家の皆様へ > 市場の動向

市場の動向

通販市場の動向

小売市場が一進一退を繰り返している中、通信販売市場は年々拡大傾向を続け、2020年度の通販の売上高は、前年比20.1%増の10兆6,300億円となり、金額ベースでは前年に比べ1兆7,800億円の増加となりました。通販市場の傾向として、モール系が堅調であること、商材では家電系や家具、食品系など、在宅時間を充実させる目的の商品が好調であることが挙げられます。

チャネル別売上高の推移

カタログ通販やテレビ通販は、ほぼ横ばいで推移していますが、ECの拡大が通販市場の成長をけん引しています。

商品カテゴリ別売上高の推移

商品カテゴリ別に見ると、アパレルの売上高が一番大きくなっており、家電、食品と続きます。伸び率で見ると健康食品通販や化粧品通販の市場が伸び悩む一方で、書籍や家電などが成長しており、アパレル通販も堅調に拡大しています。

アパレル通販市場の推移

アパレル通販市場は、拡大傾向が続いています。 

ページの先頭へ戻る